色が落ちてしまうかも?カラーリングした後で縮毛矯正するにあたっての注意点 - ロマネス神楽坂
ロマネス神楽坂 > ブログ > カラーリング > 色が落ちてしまうかも?カラーリングした後で縮毛矯正するにあたっての注意点

Blog
ブログ

色が落ちてしまうかも?カラーリングした後で縮毛矯正するにあたっての注意点

色が落ちてしまうかも?カラーリングした後で縮毛矯正するにあたっての注意点

カラーリングをしている人でくせ毛が強いと、縮毛矯正も行いたいと思っていませんか?しかしカラーと縮毛矯正を行うと、髪の毛にかかる負担も大きいと心配している人もいるでしょう。そこでここではカラーしている人の縮毛矯正における注意点について紹介します。

直後の縮毛矯正はNG

カラーを入れた直後に縮毛矯正を行うのはお勧めできません。というのも思うような色合いにならないからです。

薬剤の影響をモロに受ける
縮毛矯正では1剤と2剤という2種類の薬剤を使って、髪の毛をまっすぐに伸ばします。この中でも髪の毛を柔らかくする1剤にカラーの色を落としてしまう効果があります。その結果、自分が思っているよりもカラーの色合いが明るくなってしまう恐れがあります。カラーを入れてから1~2週間程度の間隔で縮毛矯正するのはお勧めできません。

どの程度の間隔をあけるべき?

もしすでにカラーリングをした人が縮毛矯正を希望する場合、少なくても1か月以上経過してからお願いしましょう。この程度の期間を空ければ、色味も落ち着いてきています。縮毛矯正の薬剤を使っても劇的に色落ちや明るくなるような心配もないです。

同時に行うのは?
カラーと縮毛矯正を同日に行えば、美容室に行く頻度を少なくできます。しかし結論から言うとこの同時並行で2つの施術を行うのは時間がない、どうしても1日ですべて終えたいという場合以外はお勧めできません。というのも髪の毛に大きなダメージを与えてしまう可能性があるからです。美容室での施術メニューはいろいろとありますが、その中でもブリーチと縮毛矯正がトップクラスで髪の毛を傷ませるメニューといわれています。縮毛矯正をするときにはそれだけの施術に集中すべきです。

まとめ

すでにカラーリングをしてしまって縮毛矯正をお願いしたければ、ある程度の時間をおいてからにすべきです。もしカラーを入れた直後に縮毛矯正をしてしまうと、色合いが変わってしまうからです。ロマネスでは縮毛矯正もカラーも両方提供しています。ロマネスでは毛先までデザインを意識したきれいな仕上がりにできます。もし縮毛矯正を検討しているのであれば、ロマネスで一度相談しませんか?