縮毛矯正している方のパーマは「デジタルパーマ」一択!? - ロマネス神楽坂
ロマネス神楽坂 > ブログ > くせ毛 > 縮毛矯正している方のパーマは「デジタルパーマ」一択!?

Blog
ブログ

縮毛矯正している方のパーマは「デジタルパーマ」一択!?

縮毛矯正している方のパーマは「デジタルパーマ」一択!?

「髪質が良くないから縮毛矯正しているけど、パーマもしたい」

そんな欲張りなあなたの希望を叶えてくれるのが「デジタルパーマ」です!

この記事では、縮毛矯正している状態でもOKなデジタルパーマについて紹介します。

縮毛矯正の仕組み上、コールドパーマはむずかしい

縮毛矯正をすると一生ストレートヘアなの?と不安になる人もいるかと思います。

縮毛矯正の仕組みが分かれば、できるパーマとできないパーマの違いが分かるでしょう。

そもそも縮毛矯正とストレートパーマは違うのでコールドパーマに向かない

縮毛矯正の施術を人は、「地毛がくせ毛」であったり「ごわつきのある髪質に悩んでいる」ことが多いです。

縮毛矯正は、くねくねになっている髪の構造を薬剤を使ってゆるませアイロンを使って固定する施術。

一度アイロンの熱を使って髪の構造を固定してしまうために、コールドパーマではうまく形を変えられません。

また、縮毛矯正は髪の毛へのダメージが大きい施術です。パーマでさらにダメージを与えるのは向かないと考える美容師も多いため、施術を断ることも。

デジタルパーマはなぜ縮毛矯正しててもかけられるのか?

断られることの多い縮毛矯正後のパーマ。デジタルパーマだけOKなのには理由があります。

デジパが縮毛矯正をしていてもOKな理由は熱にある

コールドパーマは名前のとおり、熱を使わずに薬剤のみでクセをつける施術。
デジタルパーマは熱を使う施術です。同じように縮毛矯正もアイロンを使って施術をするため、熱を使います。

熱を使って固定した髪を熱を使って別のクセをつけるため、デジタルパーマは可能という原理になっています。

ロマネス神楽坂のデジタルパーマはダメージが少ない

デジタルパーマは縮毛矯正をしている方でもOKということは分かりますが、縮毛矯正のダメージも残っている髪にデジタルパーマでさらにダメージを与えて大丈夫なのでしょうか?

実は、縮毛矯正のダメージ度合いから、施術を断る美容室もあります。

デジタルパーマは「ダメージケアに気を遣っている美容室」を

ロマネス神楽坂は、ヘアケアに力を入れているため、縮毛矯正後でもデジタルパーマを受け付けています。

ひとりひとりの髪質を丁寧にカウンセリングで見ていき、現状でできる施術を紹介しております。

髪質研究をして作り上げたオリジナル商品もありますので、髪についての知識は蓄積しております。小さな悩みでもまずはお気軽にご相談ください。

まとめ

縮毛矯正は薬剤を浸透させた髪に熱を加えてストレートアイロンでクセをつける施術。そのため熱を使う施術のデジタルパーマしかできないとされています。

ダメージ量が多くなってしまうので、髪について詳しい美容室、知識のある美容師に相談し、健康な髪を維持したまま理想のヘアスタイルを手に入れましょう。

気になる方はロマネスまでお気軽にご相談くださいね。