髪の毛がチリチリ・パサパサで傷んでいる…その対策を紹介 - ロマネス神楽坂
ロマネス神楽坂 > ブログ > くせ毛 > 髪の毛がチリチリ・パサパサで傷んでいる…その対策を紹介

Blog
ブログ

髪の毛がチリチリ・パサパサで傷んでいる…その対策を紹介

髪の毛がチリチリ・パサパサで傷んでいる…その対策を紹介

髪の毛が傷んでいてチリチリ・パサパサの状態だと見た目が悪いですし、スタイリングもうまくいかないでしょう。このようなチリチリ・パサパサで悩んでいる人のための対処法について詳しく紹介します。

ダメージヘアを改善する方法

髪の毛の傷みの原因は、キューティクルのダメージが原因のひとつです。そのため、髪の毛内部の水分やタンパク質がどんどん失われ、内部構造が変わってしまうことでパサつきやチリつきを引き起こします。基本的な対処法は、髪質改善にあります。

アミノ酸系シャンプーの活用
もし現在市販のシャンプーを使用しているのなら、アミノ酸系シャンプーにスイッチしましょう。市販は洗浄力が強すぎ、髪の毛に負担をかけるからです。アミノ酸系はマイルドな洗浄力で汚れを取り除きながら、ダメージヘアを修復します。

また、トリートメントのつけすぎ、流し残しは髪にダメージをさせる可能性があるので、ヌルヌルがとれるくらいにはしっかりと流しましょう。

最初のすすぎをていねいに
シャンプーする前のすすぎはていねいに時間をかけて行うのがおすすめです。そうすると余分な皮脂やほこりなどの汚れは7~8割程度落ちてしまうからです。シャンプーの負担も軽減できます。

ヘアドライ
髪の毛にダメージを与えない乾かし方をマスターしましょう。まずタオルドライで少し時間をかけて乾かします。この時、力を強くいれて髪をこすらないようにしてください。それからドライヤーでしっかり乾かします。中にはお風呂上りいきなりドライヤーをかける人もいますが、これは時間がとてもかかりますので、まずはタオルドライをすることをオススメします。

縮毛矯正を行う

もし自分でいろいろと試してみたけれども、状況があまり改善しないようであれば縮毛矯正を行うのも一考です。ただしどこの美容室でお願いするかは慎重に見極めたほうがいいです。縮毛矯正の施術は技術力が要求されますし、あまり詳しくない美容師ですとさらにダメージを追ってしまい、最悪の場合髪を切らないといけなくなる可能性がありますので、注意しましょう。

ロマネスの縮毛矯正
ロマネスでは縮毛矯正の経験豊富なスタイリストが担当しておりますので安心してお任せいただけます。ベリーショートの方にはヘアアイロンを使わない施術を提供しています。艶トリートメントもついているので、髪の毛をやさしくケアできます。

まとめ

髪の毛がチリチリやパサついてしまうのは、ダメージを受けている証拠です。もし心当たりがあれば、ヘアケアをていねいに行ったほうがいいです。使用しているシャンプーの見直しや髪の毛の乾かし方を正しくマスターするだけでも、髪の毛をいたわることは可能です。ロマネスでは縮毛矯正に関してお客様からご好評をいただいております。もしどうしてもそれだけでは不十分であれば、ロマネスでストレートヘアに変えていきましょう。