縮毛矯正とストレートパーマは一緒じゃない!その違いについて検証 - ロマネス神楽坂
ロマネス神楽坂 > ブログ > ストレートパーマ > 縮毛矯正とストレートパーマは一緒じゃない!その違いについて検証

Blog
ブログ

縮毛矯正とストレートパーマは一緒じゃない!その違いについて検証

縮毛矯正とストレートパーマは一緒じゃない!その違いについて検証

くせ毛や髪の毛のうねりをまっすぐするために、美容室の中には縮毛矯正やストレートパーマなどのコースを用意しているところも見られます。一見すると同じ髪の毛をまっすぐにするアプローチではありますが、施術方法に違いがあります。ここでは両者の違いについて解説します。

まっすぐにするアプローチが異なる

縮毛矯正もストレートパーマも、髪の毛をまっすぐにする施術です。しかしその手法に違いが見られます。

縮毛矯正
縮毛矯正では髪の毛をストレートにするにあたって、薬剤とアイロンやブラシを用います。薬剤に熱の力を加えることで、髪の毛を矯正する施術です。

ストレートパーマ
一方ストパーの場合、薬剤だけを使って髪の毛をまっすぐにしていきます。両方とも髪の毛を柔らかくする1剤と形を固定する2剤という2種類の薬剤を使用します。縮毛矯正では1剤と2剤の間でアイロンなどを使って髪の毛を伸ばすのですが、ストレートパーマはアイロンを使わずに髪の毛を伸ばします。

メリットとデメリット

縮毛矯正とストレートパーマにはそれぞれメリットとデメリットがありますので、以下で詳しく見ていきます。

縮毛矯正
縮毛矯正は熱の力と薬剤とダブルの効果があるので、いったん施術を受けると長いこと持ちます。またどんなにきついくせ毛もストレートにできます。ただ一方で熱を加えるので髪の毛のダメージが大きくなりますし、値段もストレートパーマと比較して割高です。ロマネスでは施術後にトリートメントを行うことでダメージケアを行っており、また続けやすい料金設定を行っております。

ストレートパーマ
薬剤のみで髪の毛をまっすぐにするので、縮毛矯正と比較して髪の毛の負担は軽めです。施術後もツヤのあるサラサラな髪の毛をキープできるでしょう。ただし縮毛矯正とちがい、しばらく時間がたつと元の状態に戻ります。また頑固なくせ毛だと、完全にまっすぐな髪の毛にするのは難しいかもしれません。

まとめ

ストレートパーマは、以前ウェーブのパーマをかけたけれどももとの状態に戻したいとかパーマをかけたらうねりが想定以上になってしまった人、完全なまっすぐにしたいわけじゃなく少しクセを落ち着かせたい人向けの施術です。遺伝などで強いくせ毛をまっすぐにしたいと思っているのであれば、縮毛矯正のコースをお願いしたほうがいいでしょう。一度すれば、かなりの期間その状態が持続します。ロマネスでは、縮毛矯正のメニューを用意しています。それぞれの髪の毛のダメージ状況を見て、薬剤を調整して施術しております。施術場所は半個室になっているので、周りのお客さんを気にする必要もありません。艶トリートメントで施術後はヘアケアも行っているので、サラサラのストレートヘアにあこがれている人は一度お気軽にお問い合わせください。